2010年05月28日

しょうゆ造り復活へ 徳島県阿波市の三浦醸造所(産経新聞)

 約160年にわたってみそ造りを続けている徳島県阿波市の三浦醸造所が、戦争で途絶えていたしょうゆ造りの復活に挑んでいる。

 創業当時からみそと濃い口しょうゆを製造。地元には創業者について歌った数え歌も残るが、太平洋戦争下で原料の不足により、しょうゆ造りを断念していた。

 2年後の製品化を目指し、手作りの醸造蔵も完成。5代目杜(とう)氏(じ)の三浦誠司さん(52)は「手間暇かけて造る昔ながらの味。食に関心を深めてもらいたい」。

【関連記事】
醤油の正しい保存法、7割が「分からない」
甘みより旨味、「たまり」醤油スイーツ好評
ローソン 分厚い豚肉自慢の豚丼発売
テリヤキバーガーがお家で手軽に モランボンがソース発売
大阪人、水炊きはやっぱりコンブだし 100人アンケートで裏付け
中国が優等生路線に?

小沢氏「言う必要ない」 静岡県連への活動費支給停止(産経新聞)
将棋 3連覇の羽生名人「山あり谷ありの勝負でした」(毎日新聞)
山田宏氏 参院選比例代表に立候補へ 杉並区長を辞職(毎日新聞)
山崎直子さんに県民栄誉賞授与 千葉県知事発表(産経新聞)
「閉塞感 解決しない」大阪市議補選で平松市長(産経新聞)
posted by ヤハギ タケハル at 19:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

「就職難なのに」学生らに動揺…公務員採用半減(読売新聞)

 来春の国家公務員の新規採用数を、2009年度に比べ「おおむね半減」させるとした鳩山政権の方針を巡って、公務員志望の学生や、大学の就職担当者の間に動揺が広がっている。

 来年の新規採用を減らすのは、「天下りの全廃」という民主党の公約を受け、定年前に辞める官僚が激減しているため。しかし、今回の方針は国家公務員採用試験の直前に発表されただけに現場の混乱は大きく、「なぜ就職難のこの時期に」と怒りの声も上がっている。

 「国の試験なのに、今になって条件を変えるなんて」「中高年の公務員は安泰で、なぜ就職難の若者だけが苦しめられるのか」

 札幌市の資格試験予備校「LEC東京リーガルマインド札幌本校」で、公務員講座を担当する講師の小堀学さん(36)のもとには、大型連休以降、受講生から不安や憤りの声が20件以上寄せられている。

 政府が「おおむね半減」という方針を打ち出したのは4月27日。この時点で、すでに国家公務員1・2種や国税専門官などの試験は応募が締め切られており、5月2日の1種の1次試験まで、あと5日という本番寸前のタイミングだった。

 この方針を実現しようと、総務省が各省庁に提示したのは、1種や本省の2種の採用は09年度に比べて2割減、国税専門官などの専門職種は5割減、地方の出先機関は8割減とする案。小堀さんが指導している受講生には、専門職種の志望者も多く、大幅な削減案には動揺も広がったという。

 小堀さんはこう指摘する。

 「中央と地方の関係や、必要な公務員の数などを十分議論しないまま、未来ある若者の採用だけを抑制すれば、彼らは政治や社会に不信感を抱きかねない」

 各省庁とも専門職種については、今年2月の段階で「国税専門官が約850人」「労働基準監督官は約120人」などと採用予定数を公表している。総務省の削減案が実現すると、実際の採用数は大幅に減るため、「受験生をだました形になってしまう」と頭を抱える省庁の担当者もいる。

 影響は、2種の受験者が多い地方の大学にも広がっている。

 愛媛大学就職支援課によると、民間への就職が厳しい中、就職浪人して2年続けて国家公務員試験に挑戦する学生が増えていて、担当者は「今年の試験に懸けていた学生は、がく然としているはず。もっと早く方針を打ち出してくれれば」と戸惑いを隠さない。

 各職種別の新規採用数は当初、先週の閣議で決まる予定だったが、多くの省庁が難色を示しており、18日の閣議でも決定できなかった。それでも、「天下り廃止」の方針で、定年前に早期勧奨退職で辞める職員が減っている現状では、新規採用は減らさざるを得ない。

 「天下り」が多い1種の削減率は少なく、「天下り」があまりない出先機関の職員の採用が大幅に減らされるという矛盾も指摘されている。ある省庁の採用担当者は「天下り廃止のしわ寄せを、出先機関に押しつけた形で、理屈に合わない。今になって受験生を混乱させたことも申し訳ない思いでいっぱい」と話した。

 ◆国家公務員採用試験=省庁共通の1、2、3種と、国税専門官、労働基準監督官、航空管制官などの専門職種に分かれて実施される。1〜3種は試験合格後、各省庁の面接試験を経て採用が決まる。不況で民間企業が採用を抑えると倍率が高まる傾向があり、昨年の申込者は1種で前年比4・6%増、2種では12・4%増だった。今年の申し込みも1種は前年比21・2%増。

クリントン米国務長官が21日来日 普天間、北朝鮮への対応を協議(産経新聞)
仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
妊娠→薬→堕胎 結婚控えたイケメン医師 焦燥と暴発の果てに…(産経新聞)
首相動静(5月24日)(時事通信)
「普天間」日米が大筋合意 辺野古周辺に代替滑走路 訓練の県外移転を検討(産経新聞)
posted by ヤハギ タケハル at 13:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

信号無視バイク、追跡中転倒21歳逮捕 堺、酒気と無免許(産経新聞)

 14日午前3時10分ごろ、堺市南区宮山台の府道交差点で、パトカーで巡回中の南堺署員が、赤信号を無視して逃走するミニバイクを発見。追跡したところ、バイクは約250メートル先の交差点でUターンしようとして転倒した。同署は、道交法違反(信号無視)の現行犯で運転していた男を逮捕。男はあごなどに軽傷を負った。

 逮捕されたのは、堺市南区原山台、会社員、菊地優容疑者(21)。呼気からアルコール分が検知され、運転免許証も失効していたことから、同署は酒気帯び運転や無免許運転の疑いでも調べている。

【関連記事】
飲酒発覚逃れ軽トラ、信号無視繰り返しパトカーに衝突 男を逮捕
頭に部品が当たる? パトカー追跡中2人死亡
大阪市営地下鉄さらに人為ミス32件 公表基準を厳格化
改造マイカー「偽装タクシー」が見破られたきっかけは…
「彼女を迎えに行くため」信号無視でひき逃げ 男逮捕
少子化を止めろ!

<強盗強姦罪>元病院事務アルバイトに懲役23年 横浜地裁(毎日新聞)
味の素、37億円申告漏れ(時事通信)
<東京医大>第三者委員会を設置 不祥事相次ぎ(毎日新聞)
養父母、「女性は妹」=周囲に不自然説明−袋詰め遺体・大阪府警(時事通信)
野良猫訴訟、加藤九段が控訴意向「給餌続けたい」(読売新聞)
posted by ヤハギ タケハル at 13:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。